万が一の備えが必要です

システム

最近多くの企業から注目されている便利な連絡ツールがエマージェンシーコールです。エマージェンシーコールは連絡の手段として利用されると言うよりも、どちらかというと緊急時の安否確認を目的として活用されているものです。緊急時にいち早く安否確認ができることは非常に重要なことです。エマージェンシーコールは万が一災害が起きた場合などに非常に有効的に活用することができるのです。
1995年に起きた阪神淡路大震災の現場ではとても数多くの安否確認システムが導入されていました。阪神淡路大震災の際には安否確認システムは役二万人もの人の安否を確認を取ることができており、多くの人に安心を与えたのです。エマージェンシーコールはそういった過去の功績から多くの人や企業から求められ、制作されました。エマージェンシーコールは誕生してから現在に至るまで、様々な災害現場で成果を発揮し、その都度より良いサービスが提供できるように改良を加えられていきました。記憶に新しい災害である2011年の3月11日に発生した東日本大地震の際にもエマージェンシーコールは多くの安否確認を取ることに貢献しています。
実際に大きな災害が起きてしまった際には、企業としてはまず一番に社員の安否が気になるものです。社員全員の安否を確認するためには、やはりエマージェンシーコールは必要不可欠なものでしょう。最近は多くの企業がエマージェンシーコールを万が一の時の社員の安否確認のために導入し始めています。