災害の危険を事前に知る

システム

エマージェンシーコールは災害などの緊急時に役に立つものですが、オプション機能も非常に充実したものになっています。エマージェンシーコールは実際に災害が発生する直前に自動的に連絡をし、間近に迫っている災害の危険を知らせてくれるシステムがあるのです。エマージェンシーコールは気象庁から発信された災害の連絡をいち早くエマージェンシーコールは知らせてくれます。指定された地域で決められた震度以上の揺れが確認された場合に自動的に連絡を受信してくれるといったサービスは災害による被害を最小限に抑えるためには非常に重要なものです。近年起こったほとんどの災害が、休日や、平日などの深夜や早朝に起きているのです。そういった中でリアルタイムで災害発生の知らせが届くことは非常に安全だと言えます。
この他にも突然の災害時に備えて安否確認訓練支援といったオプションも存在しています。安否の確認をスムーズに取るためには、定期的に訓練を行っておくことも重要です。定期的な訓練を事前に行っておけば安否確認の際に落ち着いて対処をしていくことができるのです。具体的にどのような訓練のサポートが行われていくかと言うと、まずは訓練の内容や手順を細かく作成していくことから始まります。訓練を行う際の手順を実際の事例を参考にしてもらいながらサポート支援が行われます。最後にはきちんとエマージェンシーコールを使用しての訓練最終結果を分かりやすくまとめて提出してくれるといった充実したサポート体勢になっているのです。